いよいよ寒くなってきて
ホカホカ石焼きイモと
ぬくぬくカイロに癒されてるハインです😍

 

焼きイモはホクホク派ですか? ねっとり派ですか?
わたしは断然、ねっとり派です。うふ💕

ついつい食べ過ぎても、
この季節はワタシの瞳に体重計が映らない事になっているので

ぜんぜん気になりません(笑)

 

と、そんなことはさておき、
こうも寒いと、廊下に出るのも嫌よね~なんて話をママ友としてたら、

「無垢の木の床って、あったかいんだって」という衝撃情報をゲット。

 

まじですかっ!😆
それは自分の足で確かめねば!

 

ワタシのアンテナに引っかかったのが
阿賀野市に本社があるサカヅメハウジングさん。
無垢の木をふんだんに使った家が評判なの💖

 

さあ、モデルハウスへレッツゴ~♪

場所は新潟市の小新インター近く。
道路を挟んだ目の前には、イオン新潟西店がドン!

ここに住んだら、超便利じゃない???
イオンがうちの冷蔵庫状態だわ~🎵

という立地にございました。

 

「いらっしゃいませ、ハインちゃん」

と笑顔で迎えてくださったのは、営業担当の山本俊介さん。

笑顔がまぶしい~!爽やかなメンズですわ~✨

早速ですが山本さん!

無垢の床があったかいってホントですか?📣

 

「本当ですよ。

合板フローリングと無垢床では感覚が全く違います。

床の良さを感じていただきたいので、スリッパは用意していません。

靴を脱いで、そのまま上がってください。

どうぞ、どうぞ」

 

では、おじゃましま~す。

わあ! 玄関を入ったとたん、木のいい香り~🌲

いきなり癒されますぅ。

うお!?

足の裏に感じる床は、柔らかくてあったかい!

いや、木だから堅いよ。

だけど、柔らかいのよ!

矛盾してるって? してない、してないの!

 

「この床は越後杉の無垢床です。

床に使う木は、いろんな種類があるんですよ!

杉は柔らかいタイプ。傷つきやすい面もありますが、

肌触りが優しくて、暖かく感じます。

ウォルナットやブラックチェリーといった木は

堅くて傷つきにくいですが、その分ちょっと冷たく感じますね。

でも見た目はスタイリッシュな感じになります。

木肌の雰囲気も含めて、施主様の好みで選べます」

 

へええええ!

木は種類によって堅さが違うなんて知らなかった~~。

 

越後杉ってことは、新潟産の杉🌲なんですね。

ダークブラウンの色も、浮かびあがってる木目もステキ。

「この家は落ち着いた雰囲気に仕上げたくて、

無垢の杉を塗装してあるんです。

しかも、節が無いのできれいでしょう?

ドアも、収納の扉も全部、越後杉ですよ」

 

うお???

ほんとだ! 床とお揃いです~。

建具もサカヅメハウジングさんで作るオリジナルなんですって。

すごい!

でも、天然木って、お手入れとか大変じゃないのかしら。

 

「掃除機もOKだし、水拭きする場合は、ぞうきんをしっかり絞って拭けば大丈夫です」

 

へええ。案外、気にしなくていいんだ!

ワタシてっきり、

ケアが大変で毎日のようにオイルとか塗ったりして

「ヒーッ!😱😱😱」ってなるのかと思ってた(笑)

 

耐久性とかはどうなんだろう?

 

「当社の床材は、厚さがあるんです。

見てください。これは、かなり贅沢な厚さですよ。

これだけ厚みがあると、変形しにくく、年月が経っても狂いが生じにくいんですよ。」

 

本当だ~!

この厚さ・・・、今ワタシのお家にある・・・

(去年、博学になりたくて買ったはいいけど、

現在はグラフくんのポケモンカードの反りを直すオモシになっている

百科事典くらい、ぶ厚い(笑)

 

 

「そ・し・て!」

 

 

そ・し・て??? 山本さん、タメたわ! なに、なに?

 

「無垢材の品質は、素材選びに加えて

乾燥させる技術が決め手になるんです!

当社はもともと製材加工が本業。

“乾燥バカ”と自負しちゃう社員もいるほど、乾燥にかけては自信があります。

床材も構造材も自社乾燥で、品質はばっちりです。

もっと明かしちゃうと、

自社分以外に年間約500棟分の住宅建材を製造しています

ワタシ「肉ばか」ってラーメン屋さんなら知ってるけど

初めて聞いたわ「乾燥バカ」って・・・

世の中には色んな「こだわりのおバカさん」がいるものなんですね(笑)

んっ? いやまて

それはつまり、サカヅメさんのところで加工した木で

他の工務店さんやビルダーさんが家を建ててるってこと!?

そういう意味で、本当に「木のプロ」ってことなのかー🎉

 

 

「木の事ならお任せください🌲🌳

2階は寝室と子ども部屋がありますが、

同じ無垢の木を使っていても、今度は越後杉を使用していないんですねー😁

ふふふふ・・・こちらもぜひご覧ください!」

 

えーっ!? 2階は違う無垢材なの???

見たーい🕵🏻‍♀️

行きましょー!

・・・って、もう階段から違う木を使ってるじゃない(笑)

1階のフロアとは色も変わって

とってもナチュラルな雰囲気になってる!

ヨッコラショと上がりますとー

おおーっ!

確かに違う!

 

「ハインちゃん、階段と2階はアカマツを使ってますよ!

木肌をそのまま生かしているので、

年を経ていくと、徐々に飴色になっていきます。

そういう変化を楽しむのも、無垢の良さですね」

 

そう言いながら山本さん、

ウットリして木製カウンターをなでなで。

いきなりどうした😅なんかちょっと怖いよ(笑)

 

   

コホン!

こ・・・この家が快適なのは、

やっぱり木がふんだんに使ってあるおかげですよねー😄

 

「一番効力を感じるのは梅雨のころですよ。

木が湿気を吸収するので、じめじめしなくて

床もさらっとしてるんです。

これからの冬は本当に温かいですし

ぜひ、ハダシで暮らしていただきたいですね👍🏻」

 

なんと!無垢材って湿気も取るんだ😲

すご~い。無垢床、ブラボー🌟🌟🌟

保湿できなくて水分が出て行くばっかりのワタシ

そして万年冷え性の別名「ミセス冷女」のワタシには・・・

超絶うらやましい話だわ!!!✨

「あとは間取りもこだわってるんですよ。

ポイントは行き止まりがないことです」

 

行き止まりがない?詳しく間取りを聞きたーい✨

でもね、

無垢の木に感動しすぎて、いっぱい書いちゃったから

前編が終わっちゃったのだよ😅

というわけで、後半へ続く!

 

■ハインちゃんが取材している場所
サカヅメハウジング 小新モデルハウス
所在地:新潟県新潟市西区小新大通2丁目3159-14他3筆

■ハインちゃんが取材している会社
株式会社 坂詰製材所 サカヅメハウジング
所在地;新潟県阿賀野市保田3858番地
TEL:0250-68-2250