製本

中綴じ
中綴じとは、本を開いた状態の紙(通常1枚で4ページ分となる)を重ね、中央部分に沿って針金にて止める製本方法
無線綴じ
無線綴じとは、丁合の完了した折丁の背に糊を塗布して表紙を貼り付ける製本方法。
上製本
表紙と本文を別工程で作成し、本文に貼った見返しの片側前面を、表紙の裏面に張り合わせ表紙と本文を接合します。そのため上製本の巻頭、巻末には必ず見返しがついています。本文は糸かがりかアジロ綴じで綴じ、表紙はハードカバーのような加工が使われます。
和とじ
和装本のとじ方のひとつで、印刷済みの紙を2つ折りにし、輪でない側に穴をあけて、糸でとじる製本方法です。